人気ブログランキング |
2018年 07月 22日
建築と社会7月号に「坂の上の小家」

建築と社会7月号に「坂の上の小家」_e0064530_11020900.jpg
建築と社会7月号に「坂の上の小家」_e0064530_11014387.jpg
坂の上の小家が建築と社会7月号に掲載されました。

大正6年から発行している雑誌「建築と社会」は
業界の資料的役割の立ち位置。
編集者に見出してもらえたのは嬉しい。

表紙は歴代のリバイバルで
昭和四年(1929)建築大観号 歴史を感じる。
雑誌内は、ほぼ白黒。
今回の写真も白黒だけど、外壁は板張りで黒色だから丁度いいかも




# by ogak3 | 2018-07-22 11:23
2018年 06月 04日
足場撤去

足場撤去_e0064530_18361601.jpg

工事中の住宅の仮囲いと足場が外れた。
外壁は板張り、板の継ぎ目は押え縁と真鍮釘で止める。
押え縁に陽が当たり、影が変化していくのが面白い。

足場撤去_e0064530_18370236.jpg
足場が取れるとすぐに外構工事だが隣地擁壁のイレギュラー等で
電気・水道・ガスメーター等それに合わせて
郵便受、インターホンの配置など外構の再検討の必要があった。
夏日の中、図面に汗が滴り落ちながら採寸し
追われる感もあって冷汗をかきそうになりながら内容を整理した。
足場撤去_e0064530_18395894.jpg



# by ogak3 | 2018-06-04 18:41
2018年 05月 07日
建築知識5月号に掲載されています。

建築知識5月号に掲載されています。  _e0064530_11505050.jpg
特集タイトルは
プロが秘密にしたがる 小さな家の贅沢な工夫
それぞれの項目で掲載されています。

動線
http://ogata-arch.com/w-mugi.htm#mugi
配置
http://ogata-arch.com/w-sakanoue.htm#sakanoue
内観インテリア
http://ogata-arch.com/w-sakanoue.htm#sakanoue
外観ファサード
http://ogata-arch.com/w-hachizuka.htm#hachizuka
http://ogata-arch.com/w-daiwa.htm#hachizuka

建築知識5月号に掲載されています。  _e0064530_11510547.jpg

他の建築家の工夫が掲載されていて参考になります。




# by ogak3 | 2018-05-07 11:52
2018年 04月 15日
校了

校了_e0064530_12525334.jpg
取材依頼からほぼ一か月。
取材後、資料を送付。
今回はイラストで表現するらしい
資料として写真は多く、図面も、原稿も。
他の建築家の資料も集まると資料は膨大だろうけど
テキパキと進めてくださって徐々にまとまっていく。
その後は原稿→校正→修正を数度。
他の予定と重なってしまい
締め切り厳しい場面もあったが先日、校了。

特集タイトルは
実力派設計者が教える成功する小さな家づくり(仮)
5月号で4月20日発売。



# by ogak3 | 2018-04-15 12:53
2018年 03月 29日
文化財修復工事

文化財修復工事 _e0064530_17405112.jpg
海沿いに建つ文化財の修復工事を見学。
文化財修復工事 _e0064530_17400527.jpg
満潮時に潮に浸かる柱の傷んだ部分のみを取り替えて継ぐ。
職人さんの白足袋が粋。
文化財修復工事 _e0064530_17410698.jpg
見た目は傷みが無い様でも、ほぞ穴の内部は朽ちている。
文化財修復工事 _e0064530_17401763.jpg
建物をジャッキアップしてほぞ穴を設けた柱に取替。
文化財修復工事 _e0064530_17402514.jpg
石の上に柱を載せた石場建。
建物の柱と礎石の縁を切ることで
固定せず揺れるしなやかさで地震力を逃がす。
文化財修復工事 _e0064530_17405898.jpg
柱と礎石の間に銅板を挟み柱の小口を守り
かすがい、で柱と柱をつなぐ。

メンテナンスフリーよりメンテナンス性の良さが
建物の寿命を延ばすのに貢献していると思う。

文化財修復工事 _e0064530_17394371.jpg
潮が満ちてくると工事は撤退。
見渡すと全体が荘厳な雰囲気で厳島という名は絶妙だなぁ。




# by ogak3 | 2018-03-29 17:50