2018年 02月 17日
大和の平屋、内部

e0064530_23591221.jpg

4人家族だと、戸建は2階建、延べ面積30坪がよくあるタイプ。
今回は4人家族だけど平屋建で延べ面積=建坪が20坪。
数字だけを見るとそれほど大きくない、けど狭く感じない。
平屋は広く感じる、いや実際広い。

内部は2階に上がる階段が無いから面積も減らせて部屋の移動がスムーズになる。
それを強調するように床と天井はフラットにして
段差やレールや照明器具も極力なくした。

e0064530_23592552.jpg
玄関から風除室を抜けるとダイニング、リビング、デッキ、庭の植栽へ。
庭の塀は隣地建物の輪郭を薄め風景や空を切り取るようにすると
さらに周辺の山並みまで視線が抜ける。  

e0064530_23590021.jpg
床と天井のフラットを利用して
小屋裏と床下に室内用エアコンを配置。
エアコンの風にさらされないで冷暖房でき
床下エアコンは床暖房も兼ねる。
先日、寒波続いた時に問題なしと聞いてテンション上がった。



[PR]

# by ogak3 | 2018-02-17 00:06 | Comments(0)
2018年 02月 05日
大和の平屋

e0064530_15192124.jpg

先日竣工した平屋建ての住宅。
以前建っていたのは2階建でしたが、敷地や要望から平屋で提案。
周辺への圧迫感がグンと少なくなった。
軒を伸ばすと夏の日差しを遮り外壁の痛みも少なく出来る。
建物周りもぐるっと回れるようにするとメンテナンスもしやすくなった。
内部は2階に上がる階段の面積も減らせてバリアフリーだし
部屋の中も動きやすく生活しやすい。

e0064530_15193184.jpg

玄関前の植栽は常緑か落葉か迷ったけど
風除室があり玄関を開けても直接中が見えず
塀がなく掃除もしやすいこともあり、
落葉で樹形の良いアオダモにした。


[PR]

# by ogak3 | 2018-02-05 15:21 | Comments(0)
2017年 12月 23日
大和の平屋、一区切り

e0064530_20290130.jpg

天皇誕生日で休日の土曜日、
建物の引き渡しが無事終了。

クリスマス前ということもあり
プレゼントを渡すような気持ちで引き渡し。
嬉しいような、寂しいような、渡したくないような
なんだか複雑だけど喜んでいただけたようで
一先ず区切りが出来てホッとした。

冬至、日が暮れるのが早くて写真撮れる時間が短い!



[PR]

# by ogak3 | 2017-12-23 20:37 | Comments(0)
2017年 12月 12日
大和の平屋、打合せ

e0064530_20504224.jpg
通常は内部に傷がつかないように
テーブルや椅子など入れないが、チェックと打合せを兼ねて
工務店が仮設のテーブルと椅子を用意してくれた。
屋外はとても寒かったのでいいタイミングだった

ダイニングから植栽や塀の見え方、照明の配置など、
その他諸々の打ち合わせがスムーズに出来助かった。


[PR]

# by ogak3 | 2017-12-12 20:54 | Comments(0)
2017年 11月 08日
大和の平屋、外構工事中

e0064530_18411421.jpg

近頃、あちらこちらで解体現場を見かける。
先日リフォームを打診すると大工がいないとのこと、困った。

現在工事中の工務店に聞いても職人の取り合いらしい。
こちらの現場は目処がついているからまだ気持ち余裕あるけど…

後の予定がずれ込み遅れてくる。なんとかせねば。



[PR]

# by ogak3 | 2017-11-08 18:42 | Comments(0)
2017年 11月 02日
大和の平屋
e0064530_10291975.jpg
足場が取れた。
造作家具や外構、その他もろもろ
嵐の前の静けさのような…

[PR]

# by ogak3 | 2017-11-02 10:34 | Comments(0)
2017年 09月 07日
なんとかなった

e0064530_19084252.jpg

数年前、文化財の見学会で訪れた建物の近くに
文化財ですか?的な雰囲気を漂わせた
魅力的な建物を見かけ写真を撮ったことがあった。
それから数年…


先月、古民家保存活用で測量をすることになり
案内されたのが以前気になって撮影した建物でした。
当日まで調査物件を知らされておらず
まさか測量することになろうとは…


測量し図面化するのは立面と断面。
案内され建物の外周を回る。
急斜面地に建つ木造3階建。


増築あり、建物の配置は凹凸あり、変形あり、曲線あり、
屋根が複数積み重なって、
擁壁をまたいだ建物で渡り廊下は斜め、
しかも擁壁側はオーバーハングしている。


測量は全体の様子をスケッチし、
そのスケッチに採寸した寸法を記録していく
というのが測量の一般的なやり方で後で清書する際に分かりやすい。
ところが建物は樹木が茂って全体が見えず、
樹木の隙間や斜めからかろうじて見える程度。
おまけの別棟で蔵もある。


測量は午前中で終わらせてくださいとのことだけど
建物を案内されるごとに目が点になっていく。
独り残され途方に暮れているところに
建物所有者と遭遇、建物の経緯を拝聴。
測量の時間も気になり心の声は危険度を増していく。


焦りながら、
高さを測るためコンベックスをセッティングすると
目に虫が飛び込んできてやり直しなどなど。
悪戦苦闘しながら無我夢中で測量出来る方法を模索した。
予定を少し時間オーバーながらも測量を終え
先日図面もまとめることが出来て、なんとかなった。


関わっている間に夏から秋へ変わってしまったけど。



[PR]

# by ogak3 | 2017-09-07 19:11 | Comments(0)
2017年 06月 26日
鉢塚の平屋 リビング

e0064530_19155921.jpg
引き渡しからほぼ1カ月。
残工事の確認で引っ越し後に訪問しました。
荷物が入ると生活感が出て雰囲気がいい。
まだ荷物の整理中だったので撮影は遠慮して
引っ越し前に撮影した写真を小分けにUP。
e0064530_19153731.jpg

低めに抑えた天井の玄関ホールからリビングに入る。
リビングは左官仕上げ。
壁から天井へR型で切れ目なく続き天井が高くなっていく
道路側の窓を低めにし木製建具と障子を設けると
トンネルのような包まれた感が増し落ち着いた部屋です。
R型の天井の反対側は斜めの壁、
壁に照明が反射して床面を柔らかく明るくします。
窓の両サイドにスピーカーを置いて真空管のアンプで音楽を聴かせてもらうと
なんとも豊かな空間に感じられた。
照明はシャルロット・ペリアン、豊かな空間です。


[PR]

# by ogak3 | 2017-06-26 19:19 | Comments(0)
2017年 06月 23日
大和の平屋 建方

e0064530_19301863.jpg
昨日は天気よく、平屋の住宅の建て方でした。
広い道路の面していることもあってか、重機で一気に構造材を運び込む。
e0064530_19310271.jpg
e0064530_19325261.jpg
重機が登場すると緊張感あるわぁ。

平屋という事もあって屋根の仕舞まで一気に済ませる。
成行を見ているとこちらは一気に日焼けした。

e0064530_19332257.jpg
明日は大安、上棟式。


[PR]

# by ogak3 | 2017-06-23 19:38 | Comments(0)
2017年 05月 16日
地鎮祭

e0064530_16450770.jpg
昨日は天気よく
先日竣工した平屋の住宅に続いて今回も平屋建ての住宅の地鎮祭。
暦は大安・壬寅(みずえのとら)。

寅の日に行うと良いとされていることには
旅行
財布の新調や宝くじの購入といった金運に関わること
初漁や船下し
地鎮祭なども。

寅の黄色い縞模様は金運の象徴で千里を駆け巡り一瞬でかえる、と見立てられ
「使ったお金がすぐにかえってくる」
「お金を招いてくれる」
そんな金運招来効果が期待できる、という事らしい。

暦にはいくつもの意味が重なっているから
「寅の日」というだけでは最良の日ではないだろうけど、
昨日は、大安+壬寅+天気良し+地鎮祭=幸先とても良し。

昨日の地鎮祭はこれから関わる工事関係者も参列していつもよりも人数は多め。
祭事の後質問攻めにはたじろいだ、準備先回りで幸先良しかと…。

e0064530_16481221.jpg



[PR]

# by ogak3 | 2017-05-16 16:49 | Comments(0)