2008年 08月 10日
開会式
縁起のいい8が揃う金曜日
オリンピック開会式は
「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」
(有朋自遠方来 不亦楽乎)
という孔子の論語からはじまったらしい。

丁度その頃、大阪、堺筋本町の古いビルの一室にある
建築設計事務所でもOB会がはじまっていた。

設計事務所は一般の会社とは違い
終身雇用など、雇うほうも雇われる方も考えない。
建築の実務を行う修行期間のようにとらえ
せいぜい2、3年を目途に次の行き先を決めていく事務所も多い。

OB会のあった設計事務所もそんな事務所で
建築の実務をしながら経験を積んでいく事務所でした。
それは結構つらかったけどとてもいい勉強になった。

その事務所を辞めて15年程も経つと面識のないOBも増え。
たまたま出くわした同業者と話をして同じ事務所にいたことが分ると
同じ戦場にいた戦友のような感覚で
気持ちの中に入ってくる時間が短く感じられました。

そんなことが幾度か重なり、OB会を企画をした。
企画にはつきもののアレやコレやのすったもんだも乗り越えて
金曜日のOB会は、オリンピックの開会式と同じように
「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」だったように思えます。
企画をした僕は肩の荷が下りました。ホッ!
[PR]

by ogak3 | 2008-08-10 00:36 | Comments(0)


<< 目覚まし      働き者 >>