2008年 02月 18日
随分以前、住んでいる場所から程近い河沿いに高架の高速道路がある。
その下は公園になっていて皆に使われ
公園の中にある高速道路を支える柱はコンクリートで
壁のように大きいため独りでのキャッチボールや
テニスの壁打ちには最適だった。
でも何時しかその場所でのボール遊びは禁止ということになり
今では閑散としている。

以前新聞かネット上だったか忘れてしまったけど
どこかの小学校で小学生全員にGPSを渡し放課後の行動を調べると
晴れた日でも外で遊ぶ子が少なかったという内容の記事を目にしました。

お金を出して遊んだり習ったり練習したりする環境は整ってきたけど
お金を使わないで外で独り遊べる環境はほとんどないような気がします。
壁にボールをぶつけた時の音が騒音になったり
公園内でのボール遊びが危険、他にも問題があるだろうけど
ボールをぶつけられる壁があるだけで
外での遊びが膨らむような気もするんだけどなぁ
実はテニスの壁打ちを時間を気にせずしたいだけなんだけどね。
[PR]

by ogak3 | 2008-02-18 23:28 | Comments(0)


<< 名簿は信頼      イメージ >>