2007年 01月 26日
ピタゴラスイッチ
以前ロシア製のカメラを見た時に角ばった無骨な表情と
単純な形が魅力的だったのを今でも覚えている。

子供の頃プラモデルに夢中になっていた時、
カッコイイ戦車を作ろうと選んだのがドイツ重戦車タイガーIだった。
曲線の少ない単純な形の組み合わせでできた戦車に
安っぽさを感じながらもどこか気に入っていたように思う。

どちらも芸術作品ではないけれどシンプルな形で力強い。
ドイツ重戦車タイガーIは戦う車
ロシア製のカメラは写真を撮る
機能が優先された制約が形に独特の雰囲気をだして魅力的に見えます。

単純な形は正方形や長方形や円形などの
単純な幾何学的形態の組み合わせ
この形の共通点はロシア構成主義という考え方。


NHKの子供向けの番組でピタゴラスイッチというものがあります。
幾つか種類があるようだけどその中のひとつで
幾つかの角砂糖が動いて組み合って
キリンや飛行機になるものがあります。
単純な図形だけで形を作って意味が生まれる
この考え方もロシア構成主義か…なるほどです。

最近、人に優しいという意味の曲線が増えているけど
ロシア構成主義もまだまだ捨てたもんではないようです。
[PR]

by ogak3 | 2007-01-26 23:40 | Comments(2)
Commented by abi-catt at 2007-01-29 12:24
私はビー球がいろんなコース?をごろごろ転がって最後にぴたっと止まったり嵌ったりするのがすきです(笑
あとフレーミー。四角だけでできてる犬がかわいい
Commented by ogak3 at 2007-01-30 00:54
あびぃさん こんにちは

おっ!僕も球が転がっていくヤツすきです。
あれは見てて飽きないよねー。
上手くいくのは分かってても決まると嬉しい!


<< 地図       息継ぎ >>