2006年 09月 30日
投入堂
e0064530_18522342.jpg
今週の初めに泊りがけで鳥取へ学校行事の研修旅行です。

観光バスで鳥取県のほぼ中央、三朝町にある三徳山三佛寺の奥にある
断崖に建てられたお堂を見に行きました。

このお堂は投入堂と呼ばれ世界遺産にという話も持ち上がっています。

このお堂はむかし
大和の国、今の奈良県の葛城山に役行者・小角という修行僧がいて
役行者・小角が法力で断崖にお堂を投入れたことから
投入堂と呼ばれるようになったとか
e0064530_18531840.jpg

この石造が役行者・小角像(えんのぎょうじゃ・おづぬぞう)です。

投入堂のある三徳山は「森林浴の森百選」選ばれている自然豊かな山で
原生林や切り立つ岩肌があり修行の地と呼ばれるにもぴったりの環境です。

投入堂までの道中はさながらフィールドアスレチックのように
木の根っこが入り組んだところを越えたり、
急斜面の鎖場をよじ登ったり、大岩の上を通ったりもします。

過去10年で9件の転落・転倒事故があり、
4人が死亡、6人が骨折などのけがをされたとか。
こわー
普段運動不足で体が硬いと足の捻挫や骨折ぐらいは考えられます。

一緒に行った旅行会社の添乗員は初めてらしく
バスの中ではスーツにネクタイ、革靴で
さすがにスーツとネクタイははずして登っていたけど
足元が滑って転んでしまい手に怪我をされていました。

でも最もこわかったのは修行道のような道中ではなく
投入堂を見ることが出来る岩場の上にスズメバチの巣があり
ハチが巣の周りを飛び回っていたことだった。

今回は大正時代に大修理されてから約100年
100年に一度の補修のときに当たってしまいました。
投入堂もすごいが足場もすごいぞ!
e0064530_1852448.jpg

[PR]

by ogak3 | 2006-09-30 17:00 | Comments(0)


<< 投入堂・番外編-砂丘      空の日 >>