2006年 09月 08日
千年家
e0064530_19382155.jpg

千年家と呼ばれる民家があります。
千年以上前に建てられて残っている民家というわけではなく
「千年家」は、古さをたとえたもので
百年家とは言わずに千年家といい
江戸時代の頃から古い民家を千年家と呼んでいたようです。

福岡県新宮町の「横大路家」
兵庫県安富町の「古井家」
兵庫県神戸市の「箱木家」  
が日本の3大千年家といわれていて
いずれも室町時代に建てられた国の重要文化財。
そのうちの一つ兵庫県神戸市の「箱木家」へ夏休みの終わりに行ってきました。 
通称「箱木千年家」といわれる
15~16世紀に建てられた日本最古の民家です。

軒先が目線程度に低く、
軒樋など無い茅葺で切りぱなしの軒先が目線程度低く屋根に手が届き
壁の高さが小さく屋根の占める割合が大きいので
少し背をかがめて入る格好になり縦穴式住居を連想します。
e0064530_19404231.jpg

床の板はかんながけではなく、
ちょうなで仕上げたスプーン状の窪みが連続していて、
板一枚作るのにも大変な手間が想像されます。
e0064530_19401777.jpg

母屋は押入や仏壇がない頃の建物
どれもこれもが過去のものだけど日本の古い家という感じがせず
屋根の内部から見える合掌は竹が均等に組まれてリズミカル
今流行のバリスタイル風でモダンさを感じます。
古いものでも見方を変えてみると結構新鮮です。
[PR]

by ogak3 | 2006-09-08 19:23 | Comments(8)
Commented by abi-catt at 2006-09-10 09:33
昔はかんなが無かったですからねー
手触り、好きですーー

バリスタイル、、そう見ますか なるほどー
Commented by ogak3 at 2006-09-11 00:15
abi-cattさん こんにちは
ちょうなの凸凹具合いいですよね。
今度図面に書いとこうかな
上框、床板共ちょうな仕上げ素地、なんてね。金額が心配だけど・・・

Commented by abi-catt at 2006-09-11 18:39
うわ。そう仕上表に書いてみたい~~
ナグリはたまにしますけどね・・
個人的には、やりがんな好き。。。
Commented by つきのたぬき at 2006-09-11 22:17 x
きれーです、とても。
大きなお屋根が素敵です。
しかも土壁がいい色具合です。
Commented by ogak3 at 2006-09-12 11:17
abi-cattさん 再び、こんにちは
仕上表に一度書いてみて下さい。
金額を教えてね

木の表面仕上げ、もっと色々あった方がいいですよね
プレーナーをかけてツルピカが当たり前と考えられていると
木が持つ素材感が半減したようで・・・
仕上げをしすぎない仕上げがあってもいいですよね。
Commented by ogak3 at 2006-09-12 11:21
つきのたぬき さん こんにちは
フラットルーフが多い中大きい屋根、結構魅力的ですよね。

王将リヴァウンド、笑えました。
Please mind the door、爆笑しましたー。
Commented by epha at 2006-10-21 02:06
こういうところで撮影してみたいですねー。

綺麗な絵で駄目なディレクションを何とかしてくれるんじゃないでしょうか。
Commented by ogak3 at 2006-10-24 10:39
ephaさん こんにちは
かもしれませんねー
でも綺麗な絵だけではephaさんのダメだしが出そうですが・・・(笑)


<< 間に合わず      クレーン >>