2006年 06月 24日
ブラジル戦
朝3時50分起床、
そう先日のワールドカップ 日本VSブラジル

特にサッカーが好きという訳ではないのですが
ワールドカップでブラジルがどんなプレーをするのか
そして日本がどんな戦いをするのか見てみたかった。

玉田が先制したシュートは気持ちよかった。眠気が吹っ飛んだ。
でもそれ以降、特に後半戦は黄色のユニフォームの人数が
多く見えるような動きは流石です。

日本は負けたけど調子が悪かったとかいうことではなく、
順当な敗戦だったのかもしれません。

まだまだ超えられない圧倒的な壁があるようです。
ブラジルは選手がサッカーを楽しんでいるようにみえました。
日本がここに到達するのはまだまだ時間が必要なようです。

サッカーの話しだけでなく、
僕たちが誰かに指示されるのではなく
楽しんでいい仕事をするのはまだ時間が必要なのでしょう

楽しみながらクオリティーの高い仕事をするには
みんなの問題意識が不可欠だと思う。

中田のように自分に厳しいがために
人にも厳しくなる気持ち分からなくもないが・・・

試合終了後、寝不足のけだるさは次の日まで残ってしまったけど
見てよかったと思う。
[PR]

by ogak3 | 2006-06-24 16:09 | Comments(0)


<< 取り壊し      はずれ >>