2010年 12月 24日
宝の持ち腐れ
e0064530_1992896.jpg

大阪 上町の折りたたみ・小径自転車を中心とした店
Bici Termini さんでパンク修理講習会を受けました。

何処で講習をするのか分からずに立ち尽くしていると
一番見やすい位置に陣取ることになった、ラッキー。

見逃すまいとカメラを構え撮影。
途中音声も入る動画の方がいいことに気がついて
切り替えようとした。

ところが普段使わない動画設定のやり方を忘れアタフタ。
いつも持ち歩いているカメラなのに…。

その間にもパンク修理講習は進み
ジタバタしただけで結局動画の設定は出来ず写真だけ
iphoneでも動画が撮れることにこれまたあとで気がついた。

これでは宝の持ち腐れである。
e0064530_1995590.jpg

パンク修理の講習では
後輪のはずし方。
作業の何処に注意しないといけないのか。
路上での修理するときのポイント。
経験からこうした方がやりやすい。
等など
役立つ内容でしかも分かり易い解説でした。

講習後、自分の自転車で実践。
調整できるだろうかと不安を抱きつつ
一人二人と実践する人が増え僕も挑戦。

空気を抜いて後輪を抜き
リムからタイヤをはずしチューブを取り出す。

取り付けは逆にチューブがリムとタイヤの間に
噛み込まれてしまうのを避けるため
チューブに軽く空気を入れ
タイヤにはめるそしてタイヤをリムにはめ込み…
タイヤが硬くてリムにはめ込めない。

タイヤレバーを使ってはめ込もうとしたが
それでもはめ込めない。
お店の方に助けを求めると素手で簡単にはめ込んでくれました。

入れた空気を抜いて
リムの真ん中のくぼみを利用して、
そこにタイヤの小口を落し込むようにすれば
リム径とタイヤの径がに少しばかりの余裕が出来
はめ込みやすくなるようです。

動画設定ででジタバタしているときか
折角の解説を活かしきれてなかった。
ここでも宝の持ち腐れか?

でもうまくいかなかったことが逆に
印象に残っていい経験が出来ました。
[PR]

by ogak3 | 2010-12-24 19:13 | 自転車 | Comments(0)


<< 大人の薫り      微笑がえし >>