2018年 05月 07日
建築知識5月号に掲載されています。

e0064530_11505050.jpg
特集タイトルは
プロが秘密にしたがる 小さな家の贅沢な工夫
それぞれの項目で掲載されています。

動線
http://ogata-arch.com/w-mugi.htm#mugi
配置
http://ogata-arch.com/w-sakanoue.htm#sakanoue
内観インテリア
http://ogata-arch.com/w-sakanoue.htm#sakanoue
外観ファサード
http://ogata-arch.com/w-hachizuka.htm#hachizuka
http://ogata-arch.com/w-daiwa.htm#hachizuka

e0064530_11510547.jpg

他の建築家の工夫が掲載されていて参考になります。



[PR]

# by ogak3 | 2018-05-07 11:52 | Comments(0)
2018年 04月 15日
校了

e0064530_12525334.jpg
取材依頼からほぼ一か月。
取材後、資料を送付。
今回はイラストで表現するらしい
資料として写真は多く、図面も、原稿も。
他の建築家の資料も集まると資料は膨大だろうけど
テキパキと進めてくださって徐々にまとまっていく。
その後は原稿→校正→修正を数度。
他の予定と重なってしまい
締め切り厳しい場面もあったが先日、校了。

特集タイトルは
実力派設計者が教える成功する小さな家づくり(仮)
5月号で4月20日発売。


[PR]

# by ogak3 | 2018-04-15 12:53 | Comments(0)
2018年 03月 29日
文化財修復工事

e0064530_17405112.jpg
海沿いに建つ文化財の修復工事を見学。
e0064530_17400527.jpg
満潮時に潮に浸かる柱の傷んだ部分のみを取り替えて継ぐ。
職人さんの白足袋が粋。
e0064530_17410698.jpg
見た目は傷みが無い様でも、ほぞ穴の内部は朽ちている。
e0064530_17401763.jpg
建物をジャッキアップしてほぞ穴を設けた柱に取替。
e0064530_17402514.jpg
石の上に柱を載せた石場建。
建物の柱と礎石の縁を切ることで
固定せず揺れるしなやかさで地震力を逃がす。
e0064530_17405898.jpg
柱と礎石の間に銅板を挟み柱の小口を守り
かすがい、で柱と柱をつなぐ。

メンテナンスフリーよりメンテナンス性の良さが
建物の寿命を延ばすのに貢献していると思う。

e0064530_17394371.jpg
潮が満ちてくると工事は撤退。
見渡すと全体が荘厳な雰囲気で厳島という名は絶妙だなぁ。



[PR]

# by ogak3 | 2018-03-29 17:50 | Comments(0)
2018年 03月 28日
上棟式

e0064530_18370962.jpg

先日、執り行われた上棟式。
基礎をつくるために地面を掘っている頃には
作業場で骨組みはすでに出来ている。
見えないところで工事は始まっているけど、
建物の骨組みが出来ると工事が始まるんだ!
という気持ちになる。
その後は中間検査、電気工事、枠回り、仕上げと続き
職人さんや職種も増えていく。

上棟式後の共飲共食儀礼、直来(なおらい)では
職人さんの作業中とは違った一面が感じられ
人が作っていく感覚、つくっている人がいる感覚の体験も
上棟式のいいところだと思う。



[PR]

# by ogak3 | 2018-03-28 18:38 | Comments(0)
2018年 03月 01日
建て方、梱包。

e0064530_13392600.jpg

天気予報は低気圧急発達。
西から次第に荒れた天気になり雷を伴って激しく降る所があり
大阪は昼ごろまで晴れ次第に雲が増え、夜は広く雨、
南よりの風も強く吹くとの事。

天候で延期かと思われた建て方、
朝から始まって屋根仕舞まで一気に進む。

e0064530_13393917.jpg
夕方には梱包して終了、見事でした。
e0064530_13395256.jpg




[PR]

# by ogak3 | 2018-03-01 13:41 | Comments(0)
2018年 02月 24日
節目

e0064530_10523969.jpg
地鎮祭を執り行ってもらった。
節目のあるのがとても良い。

地鎮祭や上棟式、卒業式、入学式、
正月や節句、旅行だって節目。
めんどくさいし、費用も掛かるし、やり方もわからないし
でも改まって、新鮮で、切り替えできて、応援したくなったり
門出を祝う気持ちになる。

神主さんが用意してくれた鯛
活きがよさそう、目が新鮮。
神主さんが丁寧で調理方法まで説明してくれた。




[PR]

# by ogak3 | 2018-02-24 10:54 | Comments(0)
2018年 02月 17日
大和の平屋、内部

e0064530_23591221.jpg

4人家族だと、戸建は2階建、延べ面積30坪がよくあるタイプ。
今回は4人家族だけど平屋建で延べ面積=建坪が20坪。
数字だけを見るとそれほど大きくない、けど狭く感じない。
平屋は広く感じる、いや実際広い。

内部は2階に上がる階段が無いから面積も減らせて部屋の移動がスムーズになる。
それを強調するように床と天井はフラットにして
段差やレールや照明器具も極力なくした。

e0064530_23592552.jpg
玄関から風除室を抜けるとダイニング、リビング、デッキ、庭の植栽へ。
庭の塀は隣地建物の輪郭を薄め風景や空を切り取るようにすると
さらに周辺の山並みまで視線が抜ける。  

e0064530_23590021.jpg
床と天井のフラットを利用して
小屋裏と床下に室内用エアコンを配置。
エアコンの風にさらされないで冷暖房でき
床下エアコンは床暖房も兼ねる。
先日、寒波続いた時に問題なしと聞いてテンション上がった。



[PR]

# by ogak3 | 2018-02-17 00:06 | Comments(0)
2018年 02月 05日
大和の平屋

e0064530_15192124.jpg

先日竣工した平屋建ての住宅。
以前建っていたのは2階建でしたが、敷地や要望から平屋で提案。
周辺への圧迫感がグンと少なくなった。
軒を伸ばすと夏の日差しを遮り外壁の痛みも少なく出来る。
建物周りもぐるっと回れるようにするとメンテナンスもしやすくなった。
内部は2階に上がる階段の面積も減らせてバリアフリーだし
部屋の中も動きやすく生活しやすい。

e0064530_15193184.jpg

玄関前の植栽は常緑か落葉か迷ったけど
風除室があり玄関を開けても直接中が見えず
塀がなく掃除もしやすいこともあり、
落葉で樹形の良いアオダモにした。


[PR]

# by ogak3 | 2018-02-05 15:21 | Comments(0)
2017年 12月 23日
大和の平屋、一区切り

e0064530_20290130.jpg

天皇誕生日で休日の土曜日、
建物の引き渡しが無事終了。

クリスマス前ということもあり
プレゼントを渡すような気持ちで引き渡し。
嬉しいような、寂しいような、渡したくないような
なんだか複雑だけど喜んでいただけたようで
一先ず区切りが出来てホッとした。

冬至、日が暮れるのが早くて写真撮れる時間が短い!



[PR]

# by ogak3 | 2017-12-23 20:37 | Comments(0)
2017年 12月 12日
大和の平屋、打合せ

e0064530_20504224.jpg
通常は内部に傷がつかないように
テーブルや椅子など入れないが、チェックと打合せを兼ねて
工務店が仮設のテーブルと椅子を用意してくれた。
屋外はとても寒かったのでいいタイミングだった

ダイニングから植栽や塀の見え方、照明の配置など、
その他諸々の打ち合わせがスムーズに出来助かった。


[PR]

# by ogak3 | 2017-12-12 20:54 | Comments(0)