<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2011年 05月 30日
地震イツモノート
e0064530_23443020.jpg
地震イツモノート
著 者 :渥美公秀(あつみ ともひで)
イラスト:寄藤文平(よりふじ ぶんぺい)
出版社 :ポプラ社








「イツモ」が「モシモ」の時、役に立つ
単行本と文庫本「イツモ」見れるよう文庫本にした。
読むよりイラストを見る。
[PR]

by ogak3 | 2011-05-30 23:47 | Comments(0)
2011年 05月 30日
フェスティバルホール
e0064530_052770.jpg

29日の朝日新聞の朝刊に記事が掲載されていた
フェスティバルホールの音響模型見学会に行ってきました。

模型は現在工事中のフェスティバルホール向い
朝日新聞大阪本社内、最上階にある体育館に設置されていますが
体育館も僕的には見所ではありました。

現在計画中の音楽スタジオの参考にと応募して
15倍の競争率を抽選で選ばれ、老若男女が約60名。 
フェスティバルホールの一般的な説明を聞き
1組約10名、6組ぐらいに分かれて順番に模型の中へ入っていく。

模型は実物の10分の1(1/10)
といっても模型の内部に大人10人ぐらいが入れるから結構大きい。
e0064530_047598.jpg

なぜ模型が1/10なのかを尋ねると、縮尺を1/10にすることで
内装材料や椅子、人体の吸音特性や音が伝わる波動性等は
コンピュータより模型の方が実物に近いデータを取れるらしく
実物の1/10という大きさが今までのデータの蓄積、
実験機器や装置が充実しているとの答でした。
1/10の大きさなので客席数がおおよそ2000席程度からの話になるらしいです。

後で気になっていた人形について調べてみると
ポリスチレンフォームに服と髪の部分にフェルト厚さ 1mmを被覆し、
低音域の吸音のため腹部に空洞をあけ…

とナルホド人形の仕様も決まっているようです。

説明でフェスティバルホール程の規模も現在計画中の音楽スタジオも
基本的な考え方は同じようで参考になった。
規模の差はかなりあって音楽スタジオの大きさは
1/10模型より少し大きいぐらいだけど…

建物の竣工が2012年秋、
フェスティバルホールのこけら落しが2013年春。
と音を調整する期間が必要なのも
幾つかスタジオを計画したので分かるし、安心もしました。
e0064530_0491066.jpg

模型を外から見てみると
模型の中が完全な防音として密閉できるようにドアハンドルはグレモンボルト。
e0064530_051068.jpg

左が一般席、右がBOX席。
以前のフェスティバルホールの席と色は同じだそうで
見学の時にもらったパンフレットはこの席の色。
背もたれ、イスの幅、肘掛の幅が微妙に違う
BOX席しっかり座ってきました。
[PR]

by ogak3 | 2011-05-30 01:04 | Comments(0)
2011年 05月 23日
ゴーゴー・ミッフィー展
e0064530_18364074.jpg

もう先週のことになりますが、
大丸ミュージアムUMEDAで
今年55周年のミッフィー
ゴーゴー・ミッフィー展を最終日に観ました。

子供に初めて買った絵本がミッフィー。
親子でお気入りの本で補修しながら何度も読みました。

絵本は正方形。
顔は「○」目は「・」口は「×」表現は削りに削って簡潔。

言葉や細かい場面説明は無いけど
微妙な違いが想像したくなり
詳しい説明よりもわかりやすく状況が伝わってきて
情報や注意を表現した視覚記号の
ピクトグラム(絵文字)やアイコンを連想させます。

子供の頃、ピストグラムやマークの
形や意味ありげなところが好きで
面白そうなものを見かけては何時描いてたっけ。

絵本の作られ方は
子供との対話を意識して登場人物が正面を向き。
子供の手の大きさで本のサイズや形が決まり。
子供の集中力の時間から約10分程度の12ページ。
等など

形の生まれかた
どこか建築にも通じるところがある様に思え
ミッフィーの絵本、今では参考書です。
[PR]

by ogak3 | 2011-05-23 18:38 | Comments(0)
2011年 05月 22日
SAKAS 打ち上げ
e0064530_18175.jpg

昨日、箕面の住宅SAKASの住い手に
現場監督、家具屋さんと共に打ち上げに招待して頂いた。

引越し後の片づけも終わり、ほぼ1ヶ月。
今回はご主人の手料理
イタリアンでおもてなしを受けた。

雄弁に話をする方ではないけれど
自分の考え方を持っている。
引越し後からほぼ1ヶ月、生活してみて
細かいところまで考えられていて使いやすい、といってもらえたのは
嬉しい。

住い手がもてなす為の構想をアレコレ練っていたであろう事が伝わる。
オードブル、リゾット、白身魚の地中海風料理、デザート等など
飲んで、食べて、会話が楽しく
宴で一緒に創れて良かったと実感できた。

デジカメのバッテリーを充電していたらカメラにセットするのを忘れ
iphoneでオードブル1枚だけの撮影となった残念!
[PR]

by ogak3 | 2011-05-22 18:03 | Comments(0)
2011年 05月 21日
SAKAS 竣工写真
e0064530_201986.jpg

晴天の昨日
箕面の住宅SAKASの竣工写真を
写真家:松村芳治氏に撮影してもらいました。

昨日の撮影は予定には入っていたが
他の予定が重なっていることもあり優先順位は低くかった。

天気予報をチェックしてくれた写真家より連絡があり
週末から天候不良のため撮影出来る様調整をしてくれた。
それに合わせこちらも急遽調整、打合せの予定を変更。

打診はしていたものの、住い手には急な話にもかかわらず調整OK
その甲斐あって黄砂の心配も無くキレイな空で撮影出来ました。
出来上がりが楽しみです。
[PR]

by ogak3 | 2011-05-21 02:00 | Comments(0)
2011年 05月 18日
パウル・クレー展
e0064530_056281.jpg

先週末、京都国立近代美術館で
パウル・クレー展を観ました。

今回のクレー展は
理念的なあり方だけではなく物理的にどのように作られるか、
にクローズアップされているところが気になって
音声ガイドプログラムを借り解説を聞きながら観た。
期待するものがあったが、期待の方向が違ったか
数点の作品から作品全体と構成を観た方が良かったかもと後で感じた。

京都国立近代美術館の道路を挟んだ向かいでは親鸞展、
パウル・クレー展とは違った客層で戸惑いつつも熱気も感じた。
e0064530_056487.jpg

祇園まで歩き、清水にある洋食屋で遅めの昼食。
御爺さんの代から同じ場所で店を続けているとシェフから伺った。
味も内容もわかりやすく期待以上でグッときた。
花より団子か?単純だな(笑)
[PR]

by ogak3 | 2011-05-18 01:01 | Comments(4)
2011年 05月 16日
SAKAS 2F
e0064530_1936117.jpg

玄関ホール横の螺旋階段。
1階は天井を押さえ窓を制限した落ち着きのある部屋に対して
2階は天井が高く空が見渡せ広がりがあります。
明るさに人が集まるように光が螺旋階段から下りてきて
明るさのある2階へ誘われます。

螺旋階段の壁は鉄板、階段を支える役目も有り
仕上げは鉄の素材を生かした黒皮鉄。
手で触るほど味が出て光に照らされた明るさも黒光りが程良い感じ。
e0064530_19375114.jpg

ダイニングを兼ねたリビングは足元の窓から風も通り抜け
外から見られず空が見渡せて開放的な気分にさせてくれます。

ダイニング&リビングの棚はスチールのプレートを曲げたもの。
本立てとしてPCやオーディオを置く棚として
コンセントやLANケーブルを隠し
足元の窓に障子やルーバー建具を設けた時レールの役目も担ってます。
e0064530_19382213.jpg

物入れの量は多く設ける様にしています。
今回は物入れの扉を連続させて壁の様に
スッキリと見えて収納量も多く取れました。

写真の奥には風呂があり
壁のように見えた扉を開けると脱衣場に変わります。
昼間と夜間利用の違いを少し工夫して
同じものでも使い方を変えると用途も変化できるようにしました。
e0064530_19384948.jpg

キッチンカウンターは6m長さのステンレス。
部屋の奥行きを感じられ明るくて清潔感もあるし
作業がしたくなってきます。
e0064530_19394035.jpg

生活に必要なモノの配置や利用の仕方を計画し
少ないモノで構成して
部屋を分けながらも繋がるようにしました。

硬い材料は柔らかさを感じる形
柔らかい材料はカチッとした形
色は素材そのものの色。

潔く、柔らかさを感じられる
住まいになりました。
[PR]

by ogak3 | 2011-05-16 19:44 | Comments(0)
2011年 05月 13日
SAKAS 1F
e0064530_23485413.jpg

箕面の住宅の竣工後、
引越し前に写真を撮せてもらった。

連休中
ひたすら片付けを続けて,ようやく落ち着いてきました。
と連絡が届きました。生活に潔さがあり荷物が少ないので早っ!(笑)
忘れない内に写真をアップしておこうと思います。
e0064530_23493088.jpg

1階は

プライバシーと防犯を高めているので
1階の窓は防犯ガラスの型ガラスで数は少なめ。

敷地の一角に植えたカエデ。
葉の色を道路側の窓から感じられ
道からも季節が感じられたらいいなと思います。
e0064530_23495238.jpg

玄関扉は戸締りをしたまま通風が取れるようにしました。
ドアの外側に小さな穴を開け、内側に網を張り虫除けに
扉の中にはもう一枚扉があり内側から開閉出来て
戸締りをしたまま風を取り込めます。
e0064530_23503422.jpg

玄関ホール横の階段。
部屋を分けながらもつながるように階段の位置と形を決めました。
螺旋階段を包む曲面に沿って部屋が狭くなったり広くなったり
思った以上に広く感じます。
e0064530_23511949.jpg

構造は鉄骨造、外壁と内部の壁が一体の金属製のパネルなので
部屋が全体的に硬質な雰囲気になる。

内部では柔らかさを感じられるようにしたかったので
1階では奥まったところに
縁無し畳を敷き、天井高さを押さえた
落ち着きのある部屋にしました。

2階は次回につづきます。
[PR]

by ogak3 | 2011-05-13 23:55 | Comments(0)
2011年 05月 10日
勘違い
連休前に竣工した住宅から
休む間も無く追われる気持ちで別件の雑務や
お待たせしている次の物件。

世間が休みモード中に
追いつくき追い越すぞと気持ちは前向き
少し追いついたか離されたか
勘違いだと思うけど…少し楽?

遣る事や考えること絡まって麻痺してきた。
短い間の勘違いでも気持ち楽に思えるんだから
まぁええか!
[PR]

by ogak3 | 2011-05-10 01:02 | Comments(0)