<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 31日
行く年来る年
e0064530_112386.jpg

2008年も色々ありました。
特に建築業界への風当たりを強く感じました。
そんな風当たりを忘れさせてくれる忘年会の
幹事をしたり、誘っていただいたり。

あっという間に年越しです。
2009年いい年にしたいです。
[PR]

by ogak3 | 2008-12-31 23:45 | Comments(4)
2008年 12月 27日
サンタ
e0064530_1533571.jpg

年齢を重ねるとサンタになる機会が増えても
サンタさんありがとう!
なんて思える機会は少なくなるばかり。

そんな中、サンタさんありがとう!
といえるプレゼントを頂ける事もあります。

クライアントから毎年クリスマス前に頂く手作りケーキ
リースとメッセージカードも毎年一工夫があってオシャレです。
大人の味で美味しく頂きました。
今年もご馳走様でした。
[PR]

by ogak3 | 2008-12-27 02:03 | Comments(0)
2008年 12月 24日
隠居
なんとなく予感はしていたのですが、
こんなに突然とは…

以前にも調子が悪くなったことのあるPCですが
起死回生し、活躍をしてくれていただけに
より一層の愛着があった。
ところがとうとう電源が入らなくなってしまった。
今回は治すことより新しいPCを注文し
今までのPCは隠居の身でこれからの様子を見たいと思う。

PCを直ぐに注文したとはいえ年末年始の休みもあり
新しくPCが届き作業環境が整うのは来年の仕事始めになりそうです。
それまではサブPCで作業効率もトーンダウン。

それにバックアップはとってはいましたが
どこまで正確にバックアップ出来ているかは心もとなく
バックアップが万全でないことも考えられ
新しいPCに嬉しさ半分、戸惑い半分といった
複雑な気持である。
[PR]

by ogak3 | 2008-12-24 01:50 | Comments(0)
2008年 12月 18日
潜在的な願望が寝ているときの夢になるなら
ハハハ、ムフフ、エヘヘ、フゥ~ッと
楽しかったり、嬉しかったり、気持ちよかったり
と思えるのですが、残念ながら思うようにはいきません。

特に風邪を引いたり体調が悪いと
気持ち悪い夢や怖い夢をみてしまいます。
先日までは寝るのがしんどいぐらいに
たっぷりとそんな夢を見つづけました。

今はいつでもどこでも爆睡です。
[PR]

by ogak3 | 2008-12-18 01:55 | Comments(0)
2008年 12月 15日
咳と歌
先週初めから引いていた風邪は
随分落ち着いてきました。
でもまだ残っているこみ上げてくる咳は体力を消耗させます。
咳がひどく続くと肋骨を折ったりすることもあるそうです。

聞いたところによると
声楽家の多くは喘息の気がある場合が多いそうです。
喘息の胸の奥がざらざらする肺の位置や呼吸の仕方が、
歌で声を出すときの肺の位置や呼吸の仕方と似ているらしいのです。

そういえば咳が出そうなとき肺の奥から声を出したら
気持ちよさそうな気もします。
人前で歌うとなると熱を出しそうですけど・・・
[PR]

by ogak3 | 2008-12-15 01:35 | Comments(2)
2008年 12月 02日
おくりびと
e0064530_1202775.jpg

映画の日の昨日、おくりびとを観ました。
話題で良いといわれている通り、いい映画でした。

笑って、泣けて、ズンと気持ちに伝わる感じです。
納棺師という遺体を浄め最後の別れを演出する裏方の職業に
スポットを当てた発想がいいと思います。
ケガレのイメージが薄らいでいく様子もいいです。

少し大袈裟かもしれませんが、
日本人の死生観を感じさせるものがあったように思います。

映画の中で出てくる本木雅弘の山形の実家が
かつて父がジャズ喫茶を経営しその後、
母が居酒屋を営んでいたという経緯がわかるような不思議な内装も
僕には見所でした。

本木雅弘をはじめキャストが良く特に山崎努が良かった。
でも好みもありますが僕の場合、
広末涼子だけはどうもいただけません。
ぺらぺらな感じが何をやっても同じに見えてしまいどうも・・・です。

でも観てよかった映画でした。
[PR]

by ogak3 | 2008-12-02 01:20 | Comments(4)
2008年 12月 01日
台風
e0064530_135301.jpg

構造計算書偽装問題への対応として
建築士法等の一部を改正する法律が11月28日から施行され
定期講習の受講が義務付けになったり、
建築主に対して重要事項について書面を交付して
説明を行うことが義務付けられました。

当たり前のことがいつの間にやら
義務になったり重要事項になったり。
それはそれで必要なことだとも思うのですが
法律化されるとちゃんとやってますよと
記録を残さないといけなくなります。

今まで作業に記録をしていくという
別の作業も加わって雑用が増え時間を取られます。
本当に重要なことが圧迫され、余計な出費が増えたり
建築業界の風当たりはさながら台風のようです。
[PR]

by ogak3 | 2008-12-01 01:35 | Comments(0)