<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2007年 01月 30日
地図 
地図を見るときに目的の場所とルートだけじゃなく
その周辺を眺めて目的とは関係ない建物を探したり見つけたり
地名から土地の様子を想像したりと
上から全体を見渡すことが出来る地図の視点は飽きません。

その地図、現在と航空写真、明治と江戸時代の同じ場所の地図を
YAHOOの地図情報で3月15日まで見れるようです。
東京めぐり。東京だけというのが残念だけど…
[PR]

by ogak3 | 2007-01-30 00:51 | Comments(0)
2007年 01月 26日
ピタゴラスイッチ
以前ロシア製のカメラを見た時に角ばった無骨な表情と
単純な形が魅力的だったのを今でも覚えている。

子供の頃プラモデルに夢中になっていた時、
カッコイイ戦車を作ろうと選んだのがドイツ重戦車タイガーIだった。
曲線の少ない単純な形の組み合わせでできた戦車に
安っぽさを感じながらもどこか気に入っていたように思う。

どちらも芸術作品ではないけれどシンプルな形で力強い。
ドイツ重戦車タイガーIは戦う車
ロシア製のカメラは写真を撮る
機能が優先された制約が形に独特の雰囲気をだして魅力的に見えます。

単純な形は正方形や長方形や円形などの
単純な幾何学的形態の組み合わせ
この形の共通点はロシア構成主義という考え方。


NHKの子供向けの番組でピタゴラスイッチというものがあります。
幾つか種類があるようだけどその中のひとつで
幾つかの角砂糖が動いて組み合って
キリンや飛行機になるものがあります。
単純な図形だけで形を作って意味が生まれる
この考え方もロシア構成主義か…なるほどです。

最近、人に優しいという意味の曲線が増えているけど
ロシア構成主義もまだまだ捨てたもんではないようです。
[PR]

by ogak3 | 2007-01-26 23:40 | Comments(2)
2007年 01月 24日
息継ぎ

e0064530_0323369.jpg
晴れた日の冬の空
寒いけど深呼吸したくなります。

写真の探し物をしていたら見つかった。
一休みです。

大阪城公園にて 撮影:'06.12.03 GR DIGITAL 
[PR]

by ogak3 | 2007-01-24 23:57 | Comments(0)
2007年 01月 22日
感じたまま?
色々書こうと思うことはあるんだけど思いが多すぎて
あれを書こう、これを書こうと思っているときほど何にも書けません

身の丈でいいのに背伸びをしようとしているのかもしれません。
感じたことを書くって考えてしまうと結構難しいと思います。

欲張っちゃイカンのでしょうね
コレを書いて少し気が楽になった
やっぱ構えちゃイカンよね。
[PR]

by ogak3 | 2007-01-22 21:19 | Comments(4)
2007年 01月 12日
ウソも方便
僕たちのものの考え方はとりあえず信じることが
基本になっているように思う。

日常での約束事や仕事上での話、
ニュースの内容や手紙の差出人の連絡先
お金を出すことで手に入れる品物の品質などなど。

騙そうとしているという見方をしないで
信頼をベースに置いた考え方が基本的にあると僕は思っている。

だからこそ「ウソも方便」は潤滑材として必要なんじゃないかな
他人との人間関係を良くするためのヨイショなんかも
ある意味ウソが含まれていたりするだろう
精神的に追い込まれている時なんかに根拠はなくても
「何とかなるで」と自分にウソをつくことだってある。

イメージトレーニングや自己暗示も上手なウソかも知れない。

仕事の中でだってうまく行きそうになくても
「旨くいってます」と周りを安心させて自分にはプレッシャーをかけて
いい仕事にすることだってある。
モノ創りには前向きなウソが含まれているのかもしれません。
でもその中にはお互いの信頼をベースに置いた考え方が基本的はある。

ここ数年いや何年も前から耳にする
誰も言わないからといった言葉を発するような
信頼をベースに置いた考え方を逆手にとった
ウソとは同じウソでも違うといえる。

それらをウソというかどうかは分からないけど
最近のニュースを見て当事者のコメントがウソっぽく思えたのだ。
[PR]

by ogak3 | 2007-01-12 21:48 | Comments(4)
2007年 01月 11日
池田の猪買い
e0064530_046215.jpg

事務所のある池田市は大阪の北摂に位置していて
上方落語「池田の猪買い」の舞台になっている。

そんな話をすると池田は山村地帯だろうというイメージ。
でも歴史的には江戸時代から池田は各街道が交差する
北摂屈指の商業都市だったのです。
それで猪肉が売られるのは池田だったのかな。

だからだろうか池田市内のマンホールに猪がある
昨日、十日戎へ行く途中で発見した。
e0064530_046308.jpg

今年は猪年、縁起がいいかも…
[PR]

by ogak3 | 2007-01-11 22:35 | Comments(6)
2007年 01月 10日
e0064530_22303067.jpg

「エビス」は「えびす」で「EBISU」
「ヱビス」は「ゑびす」で「YEBISU」

僕の中では戎さんは「ゑびす」かな

学校で習う日本語の母音は「あいうえお」の5母音
でもその前は「あa いi うu えe おo +ゐwi ゑwe をwo」で8母音だったとか
詳しいことは分からないけど
「ゐゑを」がつくと微妙に発音や意味も違い
少し意味が深くなったような気もします。

母音はことばを発音するときに声帯がふるえる有声音で
声を続かせて響く音でそれ以外の子音は音を響かせないらしい。
母音の微妙な違いは発音だけじゃなく聞き取る耳にも影響してきます。

外国語のヒヤリングが難しく感じたり
日本人の発音がオペラなどに向いていないと言われるのは
そんなところにあるのかもしれません。

今日池田にある呉服神社へ十日戎へ行ったところ
YEBISUビールが思い浮かんだ。

eだけじゃなくweかyeで一文字つけると
「えびす」が「ゑびす」
福がついたようでいいかもね。
[PR]

by ogak3 | 2007-01-10 22:29 | Comments(2)
2007年 01月 09日
防衛庁から防衛省へ
年毎に戦争のあった昭和に近づいているような気もします。

亡国のイージス     福井晴敏
半島を出よ        村上龍
ラスコーリニコフの日  佐々木敏
を読むと結構リアルだし…

防衛 略せずに反 を望みます。
[PR]

by ogak3 | 2007-01-09 23:43 | Comments(4)
2007年 01月 08日
七草?
e0064530_21443757.jpg

奇数月の1月、3月,5月,7月,9月には節句があります。

1月7日  七草(人日)の節句
3月3日  桃(上巳)の節句
5月5日  端午の節句
7月7日  七夕の節句
9月9日  重陽の節句

1月以外は月日の重なる日
1月1日じゃなくて1月7日なんですよね
理由はあるだろうけどずらし方がなんともいい。
ちなみに11月11日は節句じゃなくて世界平和記念日です。

節句は、ほぼ農作業の期間に一致していて
五節句の日は昔から農村の共同体みんなが休む日となっていたようです。
だからだろうかそれぞれの節句には植物が関係していてどれも薬用植物。
1 月 七草
3 月 桃
5 月 菖蒲
7 月 笹
9 月 菊

一日遅れてた今日五草粥を食べました。
ブログ用にと八百屋から買っていた七草を広げてみると五つ?
二つ足らんやん

食べた日もずれてるからしかたないか
足らない分は漬物を足して全部で七つの七草粥で頂きました。
[PR]

by ogak3 | 2007-01-08 13:57 | Comments(0)
2007年 01月 07日
e0064530_1141386.jpg
正月気分もぬけだした頃合ですが
新年明けましておめでとうございます。

正月もあまり長いと疲れを感じてしまいます。
御馳走が続いて昼間から酒を飲んで運動不足で
毎年正月は太ってしまいます。

正月といえば「おせち料理」
火を使わないで保存できる食材が多いからか
何日も続くと飽きてしまいます。

以前、肉屋の知り合いから
正月には家族が集まって焼肉やすき焼きをするから
年末には肉の売れ行きが良いと言う話を聞いたことがあります。

おせち料理が火を使わず保存できる食材が多いのは
正月の三が日くらいは毎日家事で忙しい主婦を
ラクさせてあげようという意味も含まれているそうです。
でもやっぱり温かい料理の方がいいです。

元旦の京都八坂神社に行くと境内の
「をけら火」を火縄に移して消えないように
くるくると回している「をけら詣」も見かけます。
元旦の朝、お雑煮を作る種火とする事で新しい年の無病息災を祈るらしい。

昔話には火だけがごちそうの火正月と言う話しもあって
今では当たり前にある「火」を正月は見直す機会かもしれません。

生活の中で火はキッチンのコンロや仏壇やストーブ
オシャレな生活をしている人はクリスマスにキャンドルライト
なんていうのもあるだろうけど…
どれも燃え方を管理された実用的な火だといえなくもない。
最近ではオール電化で家の中に火が全くない家も珍しくなくなってきました。

燃え方が管理された実用だけの火じゃなく見て楽しむ火
焚き火なんかは炎を楽しむことが出来ます。
火が燃えるのを見ていると癒されたり話も弾んだり酒も食事も進んだり
家の中で焚き火は無理だけど暖炉は焚き火のようで暖まるだけじゃなく
火を楽しむことが出来ます。

正月も飽きてきた三が日を過ぎた頃、
暖炉のある友人の建築家の自邸にお邪魔して
暖炉の火入れをさせてもらいました。

話しの合間に薪を暖炉に入れて火を見ていると
家の中でキャンプしているようなものかもしれないとも思った。
暖炉で温まったからか友人宅を出た後も二次会、三次会と進んで
二日酔いと雑用を済ませていたら
ブログの更新も滞ってしまいました。

今年も宜しくお願いします。
[PR]

by ogak3 | 2007-01-07 18:33 | Comments(2)