<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 29日
健康診断
僕が住んでいる池田市では池田市民を対象に
9月1日から11月30日までの期間に住民健康診断がある。
この期間内であれば病院や医院で受診した健康診断は無料なのです。

そこで今日池田市内の医院で健康診断をしてきた。
その医院は木曜日が定休日だから11月29日の今日が健康診断の最終日。
朝一番に申し込みに行ったが既に先客が多くいて
待合室には人で溢れ座る場所だけでなく
立っている場所さえない状態だった。

その時思ったんだが
病院、いや医院って不思議というか妙な違和感がある。
ここは住宅なのか?と
住宅のようで住宅ではなく病院のようで病院でもなく
だから医院なんだと言ってしまえばそれだけなんだけど…

上框、下駄箱、スリッパ、少しばかりの雑誌入れ、ゴミ箱、空調機、警報機、
掲示板、注意書きの紙、ビニール系の床材、や壁材。
それらがバラバラに浮いているように見えるんです。

病院は専門機関で医院が一般市民に身近だから住宅ぽさもいるのだろうか?
キレイな空間を!というのではなくバラバラなものに
それぞれの納まりのいい場所を用意するだけでも
落ち着いたものになると思うのだが…

座る場所があっても医院に行くたびに違和感を覚え落ち着かないのです。
e0064530_0431817.jpg

[PR]

by ogak3 | 2006-11-29 23:45 | Comments(2)
2006年 11月 25日
亡国のイージス
一ヶ月ほど前の10月29日、日曜洋画劇場でやっていた
亡国のイージスをビデオで見た。

映画館で見たかったけど時期を逃してしまいTVから録画してと
これまたやっとという感じではあるけれど…

映画発表の時、本のイメージとキャストが随分違うなぁと
思っていた主役の先任伍長と如月行。

福井 晴敏 原作の亡国のイージスでは
登場人物やストーリーや状況を深く描くことが出来て
自分のイメージは膨らむけど
本物を知らない分リアリティが不足するところもある。
映画は出来上がるまでに幾つもの工程や人が係わって形になっているから
本を読んだ時のような自分のイメージは膨らみにくい。
その代わりにリアリティを感じることが出来る。

本と映画のギャップはそんなところにあるのかもしれないなぁ

映画では海上自衛隊、航空自衛隊の全面協力らしく
本物のイージス艦やF2支援戦闘機がつかわれていて
本を読んでから随分と時間が経っているので
タイトルやストーリーの似た別物としてこちらも楽しめた。

映画を見ながら亡国のイージスのストーリーを思い出すより
村上龍の「半島を出よ」をイメージした。
[PR]

by ogak3 | 2006-11-25 19:24 | Comments(2)
2006年 11月 20日
バリ
e0064530_1181213.jpg

先日、バリ風の屋上にあるレストランを探していたら
思いにピッタリのところが見つかった。

電話である事情から内部を見学させて欲しい旨を伝えると
たまたま来店中の支配人、店長とトントン拍子に話がつながり
OPEN前ならということで了解いただいた。

で、先週の金曜日に行ってきました。
お店は南堀江にある BALILAX
EVを出てすぐの受付に行くと事前に話をつけてもらっていたようで
「承っております」の一言がなんとも気持ちいい。
店内に案内されて写真も撮らせてもらいました。

その後は客として食事。
寒かったので屋内の席を案内してくれたけど
折角だからバリ気分で屋外にあるプール際の席に案内してもらうと
ストーブとひざ掛けが用意されてました。
e0064530_1183787.jpg

内装、家具、調度品、サービスはバリ気分に浸れてリラックスできた。
都会の屋上だから隣のビルが見えるのは仕方ない。
それでも店の中を見学させてもらったからじゃなく BALILAX結構お勧めです。
       彼女がいればいいのだが…
[PR]

by ogak3 | 2006-11-20 01:13 | Comments(8)
2006年 11月 13日
単位
部屋の広さを畳の枚数で表すと分かりやすく
例えば6帖は畳が6枚ある部屋というのは一般に使われています。

建築の面積を表す単位で「㎡」がありますが、
建築の中では今でも寸や尺といった尺貫法も使われていて
同じく面積を表す単位で「坪」も良く使います。

畳二枚分は1坪
1坪は1人の兵隊が一日に食べるお米の取れる面積を表し
1石は1人の兵隊が一年間に食べるお米が取れる面積を表した。

加賀100万石は、100万人の兵隊を一年間食べさせることが出来る
お米を生産できるということらしい。

世界共通の㎡やgではイメージできないその国独自の測り方は
人体寸法から来ているので奥が深いです。

(学校の授業の覚書より)
[PR]

by ogak3 | 2006-11-13 23:58 | Comments(4)
2006年 11月 12日
e0064530_21181627.jpg

出る釘は打たれる
右側の柱にある釘、打つか抜くか・・・存在が気になります。
先人達はうまい言い方をするものだ。

奈良 二月堂にて('06.10.21撮影)GR DIGITAL
[PR]

by ogak3 | 2006-11-12 21:22 | Comments(0)
2006年 11月 11日
芋ほり
e0064530_0413699.jpg

先日の連休中、家庭菜園で芋ほりをしました。
僕がやっているわけではなくて手伝いをしただけなんですが…

芋のツルが土の中で以外に伸びて
はじめのうちは芋を傷つけたりもしたけど
だんだんと慣れてきて多くの芋を収穫することが出来ました。

随分前に僕は田植えををして米を作り
その米を使ってお酒を造ったことがあります。
もちろん個人で出来ることではないので
アドバイスを受けながらというものでした。

その時に感じたのは
米を作るときに手間をかけるとやった分だけの実りがある
というものでもないということだった。
誤解を生む言い方かもしれないが、
もちろんやった分の効果はあってやっても意味がないといことではない
やった効果があればその次にまた別の問題が起こってくるのだ。

虫、鳥、水の問題、気温や台風や雨といった天候の問題など
心配事は尽きず途中でうまくいかなくてもあきらめずに
それらをやり過ごさなければすべてが徒労に終わってしまい
その時々に結果を出さなければ一生懸命やったから…は通用しない。

まぁ僕のやった米作りはそんなに大上段に構えるものでもなかったけど
それでもアドバイスをしてくれた農家の人の話を聞くと
考えさせられるものがあった。

米作りだけじゃなく作物もそして建築、
仕事や社会も同じことかもしれません。

うまくいかなくても途中であきらめると結果はついてこないんだよねー
学生のうちに農業をすると結構得る物が多いかもしれません。
[PR]

by ogak3 | 2006-11-11 23:28 | Comments(0)
2006年 11月 09日
立冬
先日まで暖かかったのに火曜日頃から急に冷えだした。
寒いはずです11月7日頃が立冬で冬の始まりだそうです。

冬になると空気が乾燥して遠くまで見渡せて気持ちがいい。
でも空気が乾燥し始めるとすぐに咽をやられてしまいます。
月曜日頃から咽が痛み出し夜は熱っぽくて思うように動けなかった。

以前、新聞に載っていた記事で
風邪をひいた時、咽の痛いときはマスクをして寝ると
自分の息で咽が乾燥せず治りが早いという内容を読んで
それ以来、咽の痛いときはマスクをして寝るようにしています。

使っているマスクは病院でも見かけるような使い捨ての立体的なもので
鼻に当る部分にワイヤーが入っているマスクです。
鼻や口にピッタリと張り付かないので息苦しさも多少緩和され
咽が痛い時、寝起きの咽の焼けるような
ヒリヒリを感じないので助かってます。

まだ痛みが残ってるので今日もマスクをしてもう寝よう。zzz
[PR]

by ogak3 | 2006-11-09 23:26 | Comments(2)
2006年 11月 02日
レンタルな車
今日、車の点検に行った。
車検と法令で定められている法定点検もありますが
今日行った点検は任意でする6ヶ月点検。
今の車は半年ごとに点検を受けています。

車好きの人の中には、車は家族の一員です。
という熱烈な人もいるだろうが、僕はどちらかというと無頓着な方。

だからかもしれないけど
車の点検、車検、税金なんかに直面すると車は誰のものだろう?
と思うときがあります。

車は消耗部品のカタマリで点検・整備して安全性が保たれる
というのは分かる、でもレンタルなのでは?と…
今日の点検に出した時ある考えが浮かんだ
そう車は国からのレンタルかも知れない
所有しているのは国だと考えると
改造や、車検や点検、税金などの思いは落ち着きそうです。

そう考えるといい車を見かけても「なんだレンタルじゃん」と思えて
ゆがんだ劣等感を持つこともなくなりそうです。
[PR]

by ogak3 | 2006-11-02 23:05 | Comments(4)
2006年 11月 01日
タワークレーン
e0064530_1184425.jpg

やっぱり気になる街中のキリン

池田市内にて、雨('06.10.01撮影)Nikon F3 TAMRON 60-300
[PR]

by ogak3 | 2006-11-01 23:27 | Comments(0)