<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 31日
見学
先日の帝塚山は建築の見学会が目的でした。
学校の特別行事で先生方、学生方、の数十人が工事中の住宅へ訪問
ふだん見学会などしない建築家なので
僕の中でスケジュールの優先度は高かった。

竣工間際の工事追い込みに大勢が押しかけたにもかかわらず
解説つきで見学させてもらい関係者の方々には頭が下がります。
逆の立場だったとしたら…と考えると
相当なエネルギーが必要だろうなと想像できます。

今回スケジュールの優先度を高くしてよかった。
学ぶべきこと多く
構造や壁や窓の捉え方を写真では見て気づかないところも
実物を見ることで感じることが出来た。

実際のものを見て感じる当たり前だけど大事。
[PR]

by ogak3 | 2006-08-31 23:29 | Comments(0)
2006年 08月 28日
路面電車
良く晴れた土曜日、
天王寺から帝塚山あたりまで路面電車に乗りました。
e0064530_22275510.jpg

e0064530_22274539.jpg

電車のようでバスのようで、でもどちらでもなく
車や人が通る道路の上を枕木の無い軌道が続くのは魅力的です。
路面電車見ても乗っても癒されます。
e0064530_22272985.jpg

[PR]

by ogak3 | 2006-08-28 22:18 | Comments(4)
2006年 08月 24日
打ち水
暑さを和らげる日本古来の生活の知恵には
すだれ・打ち水・うちわ・風鈴・金魚など
今では懐かしさを感じる日本情緒が漂います。

どれもがアクセクしていたり気持ちに余裕がないと
折角の涼しさの演出も見過ごしてしまいそうです。

その中で打ち水は
地面にまいた水が蒸発する時に熱を奪うことで気温を下げたり
土ほこりを防いだり、
来客の時には場を清めて迎える礼儀の意味もあります。

道路が舗装され、エアコンが普及して、マンション住まいになると
打ち水をする機会も少なく忘れてしまいそうです。

江戸の頃は打ち水が商売になっていたようです。
水撒き男(みずまきおとこ)というらしい。
大きな通りに店を構える大店(おおだな)が大体は支払いをして
底に穴の開いた水桶を天秤棒で担いで
店の前通りを歩きながら水をまいて
涼をとり、土ぼこりを押えたらしい。
なんとまぁのんびりとした様子を思い浮かべてしまいます。

で、その打ち水
全国的に広がりつつあるようです。
打ち水大作戦、英語名は mission uchimizu
7月23日(土)大暑~8月23日(水)処暑 の期間で
決まった時刻に一斉に打ち水をして涼をとります。
参加のポイントは水道水を使わないこと。

今日は24日で閉幕したらしいけど

僕が住む北大阪の打ち水大作戦2006年
【基本期間】  7月1日(土)~9月30日(土)

【集中期間】  7月23日(土)大暑~8月23日(水)処暑
もう暫くは続きます。


地球温暖化対策で京都議定書が発行されたからとか
色々な環境問題を語るより
面白そうだし涼しくなるからやる
そんな感じがええんちゃう
[PR]

by ogak3 | 2006-08-24 19:33 | Comments(4)
2006年 08月 18日
ホッ
e0064530_1828319.jpg

世間では盆休みは終わったようですね。
僕はといえば盆休みは取れなかった。
けど、今日やっと一段落、休み気分になれます。
気分だけだけど…

お盆は何時も渋滞ぎみの道路も盆休み。

写真は新御堂筋千里中央にて
[PR]

by ogak3 | 2006-08-18 18:24 | Comments(2)
2006年 08月 15日
一目惚れ
e0064530_15113288.jpg
数年前のこと何処で出会ったかは忘れてしまったけど
病院で見かけたことだけは覚えている。

確か待合室から見かけその時は気になって目が離せなかったように思う
その後暫くは忘れていたけど
今では親密なお付き合いをしています。

それは、トラックボール

トラックボールはマウスの代わりとして使うもので
マウスをひっくり返して指でボール(球)を回転させるもの
一昔前のノートパソコンに付いていたボールのポインティングデバイスや
旧IBM製のThink Padについているトラックポイントのような使い方をします。

最近のマウスは光学式でボールはなくなりましたが
トラックボールは光学式でもボールはあります。
光学式のトラックボールは
反応を良くするためにボールに模様がつくようですが
ボールに模様のないベアリングローラ式のボール
いや球に一目惚れなんです。
e0064530_1512584.jpg

道具好きの僕は初めて見た時、不思議な形が気になって
ついつい触りたい衝動を抑えるのに
病院にいることを忘れてしまうぐらいだった。

僕が使っているのは
KENSINGTON(ケンジントン)製のExpert Mouse USB/PS2
中央のボールは大きさ、重さ共に存在感と質量感があり
周りに4つのボタンが配置されていて
無駄な装飾の無いのが気に入ってます。
ボール(球)だけを動かすのであえてリモコンにする必要も無く
少ないスペースで操作できるのがいい。

4つのボタンと上のボタン2つ、下のボタン2つを同時に操作した時、
合計6パターンに好みの操作を割り当てることが出来ます。

ちなみに僕は、
左下に左クリック・右下に右クリック
他のボタンに Alt+F4 Enter Backspace Delete
を設定しています。

他にもカスタマイズは出来るようですが
ビリーヤードの球とほぼ同サイズなので
ビリーヤードの球と入れ替えてカスタマイズしている人もいるようです。

もともと航空管制室の巨大モニタ用として作られたものだとか
以前、音響関係の仕事をして自分でも演奏をするクライアントが
トラックボールを見て音楽関係ではマウスの代わりとして
KENSINGTON(ケンジントン)製のExpert Mouse USB/PS2
を使っている人が多いという話を聞かせてくれました。

それでもマウスを使っている人から比べれば限りなく少数派
トラックボール自体無くなってしまうのでは?とも思えます。
Expert Mouse USB/PS2も「生産終了商品で在庫限り」らしい 
なんとも惜しい話です。
予備でもう一台買っている人もいるようですがその気持ち分からなくもない。

トラックボールだけじゃなく
多数派、少数派とうわべの数字で判断しないで
いいモノが創られ残ってほしいですね。
[PR]

by ogak3 | 2006-08-15 14:53 | Comments(2)
2006年 08月 10日
ブルーシール
e0064530_18543697.jpg

東急ハンズ江坂店に模型の材料を買いに行くと
沖縄フェアーをやっていて
楽器、ガラス細工、Tシャツ、ビール、お菓子、などなどが
商品紹介とともに売られていました。

通り過ぎるつもりが道中暑かったので
アイスクリームが気になって買ってしまいました。
沖縄でアイスクリームといえばブルーシール。だそうです。

味がしっかりとしていて結構溶けやすいです。
バニラ系のアイスクリームを買ってきて
電子レンジでビミョーに溶かして食べる
というのをどこかで聞いたことがあります。
僕はそこまではしないけど
解ける寸前のアイスクリームが好きなので結構、僕好み

ブルーシール アイスクリームは
沖縄米軍基地内でアメリカ人の日常食だった
乳製品を供給する施設工場を作ったときに
味・品質は最高のものを目指そうと、
アメリカで優れた酪農製品に与えられるブルーリボン賞の
受賞商品につけられるブルーシールを社名にしたらしい。

沖縄の米軍基地の中でしか手に入らなかったのが
基地の外でも手に入るようになったそうです。

アイスクリームだけじゃなくアメリカ産牛肉も
同じ気持ちで生産・輸出してほしいですね。
[PR]

by ogak3 | 2006-08-10 18:51 | Comments(4)
2006年 08月 08日
建築見学
e0064530_21473148.jpg

週末の良く晴れた日
学校行事で岡山へ建築の見学に行く機会がありました。
駆け足な建築見学だったけど
見学したものはどれも何度見学しても飽きないものばかりでした。
e0064530_21475430.jpg

はじめに見学したのは備前市にある史跡の閑谷学校。
その後、日本三名園(三大庭園)の一つ後楽園へ
日本三名園とは
金沢の兼六園・水戸の偕楽園そして岡山の後楽園です。

後楽園では庭園を散策したのではなくて
目的は庭園内にある流店(りゅうてん)と呼ばれる
二階建の一階部分に小川を通した休憩所です。
e0064530_21481319.jpg

後楽園は岡山市内にある岡山城の横を流れる
旭川の中洲にあります。
なんでも城を守るために中州に庭園を造ったらしい。

城が出来た16世紀当時、北、東は
川幅の広い旭川が城の守りにはなっていましたが
鉄砲などへ戦の方法が変わると川幅だけでは守りきれず
城壁を建てようにも武家諸法度で城壁を自由にたてることも出来ない。
そこで川の中州に庭園を造り城壁の代わりとして城を守ろうと考えたらしい。

庭園の中に入ると川や池などがあります。
でも旭川の水面よりも中州上の庭園は高い位置にあって
低い水面から水を引き込むには
旭川の上流から庭園内に水を引く為のサイフォンといった自然の力を利用した
先人の知恵があります。
そして流店(りゅうてん)
1階部分に壁はなく柱だけ、そこに板張りの桟敷がありその間を小川が流れています。

川上(上座)から和歌の上の句を詠んで盃を流し川下(下座)にいる人は、
盃が流れ着くまでに下の句を付ける曲水の宴という遊びをしていたらしいです。
風流ですねー

流店から程近い場所に井田(せいでん)と呼ばれる
小さな田やその先に茶畑があります。
流店の二階からその風景を楽しむだけでなく
出来具合を見て年貢の取り立てを判断したらしいです。

建物だけでなくその周辺の地の利を見つけて生かす計画や
建物や生活を先読みできる計画見ごたえがあります。

この後楽園も閑谷学校も江戸時代17世紀頃に岡山藩の家臣で津田永忠が関っていて
閑谷学校の建物もよく考えられていますが、周辺と馴染む計画は
何度訪れても飽きず訪れるたびに新しい発見があります。

後楽園後、時間もないことなので移動しながら食事
用意してもらった弁当は予想を超えて美味しかった。
e0064530_2148354.jpg

旧ジツタ岡山店 設計:石井修/美建・設計事務所
大福幼稚園   設計:無有建築工房
いかしの舎   設計:古民家再生工房

と普段容易に内部まで見ることが出来ないものまで見学でき
駆け足で見学するのがもったいないぐらいでした。

それぞれ周辺環境をよく考えられた建築で
小説を読むように建築の意図を読んでいける見学会でした。
[PR]

by ogak3 | 2006-08-08 21:25 | Comments(2)
2006年 08月 04日
研究所
e0064530_22351981.jpg

夏休みに入って今日は事務所から程近くにある
独立行政法人 産業技術総合研究所の
一般公開日なので見学に行ってきました。
研究発表会みたいなものかな
夏休みとあって多くの小中学生が見学に来ていました。

毎年夏休みに1日だけの一般公開で見学に行きたいと思ってはいても
予定が合わずなかなか見学することが出来なかったのですが
今日は昼休みにチョコット覗いてみようかぐらいの気持ちで見学してみると
研究内容の面白さから時間を忘れて数時間が過ぎてしまいました。

数年前にグラスアートのギャラリーに行ったとき
そこにいた作家の方が僕の名刺の住所を見て
近くにある産業技術研究所(旧:工業試験場)のことを知っていて
グラス加工の技術はこの産業技術研究所で発展したんです。
というのを聞いたことがあります。

研究所の敷地内にはガラスの研究成果品がオブジェのように置かれていました。
いつも研究所の前を通り過ぎていて
外国の人や若い学生のような人の出入りもあり
聞いた話では、大学院の研究生や海外からの研究者も多く訪れるそうです。
その為か初めて敷地内に入ると大学のキャンパスのような印象でした。

見学した地質の研究班では特別に採取できる粒子の細かい砂で
立体的な地図を作ることも研究しているそうです。
今チャレンジしているのは四国を作るそうです。
とてもユニークだったので子供の夏休みの自由研究を相談してみると
さすが研究者色々アイデアやその方法を教えてくれました。
でも小学生にはチョット難しいかも・・・

脳の研究や、ロボット、バイオ研究、ストレスの研究などなど
最先端の研究をこんな身近でやってるとは思いもしなかった。

灯台下暗し
来年は時間を作って見に行く価値大です。
[PR]

by ogak3 | 2006-08-04 22:29 | Comments(4)
2006年 08月 01日
思い出し笑い
道を歩いている時や電車に乗っている時やサンパツをしている時
そしてとても笑う事が似つかわしくない葬式の時など
思い出し笑いをしてしまうことがあります。

電車の中でたまに独り言を言ったり、
見ているほうには意味がわからず笑っていると
何だかアブナイ人だったり、変な人を連想させます。

思い出し笑いを我慢して怖い顔になって
怒ってる人に見られるかもしれません。

皆が同じようなことを考えたり同じ行動をしている時に
思い出し笑いはつい出てしまうようなんです。

都合よく考えると
モノの見方や発想を変えてみている といえなくもない
日常とは違う発想は常日頃からのモノの見方を変えてみることも大事です。
思い出し笑い、皆と違う発想をするには結構必要かも知れません。

今週も打合せや会議が幾つかあります。
思い出し笑いをしていても
寛大な気持ちで見ていただきたいです。
[PR]

by ogak3 | 2006-08-01 21:36 | Comments(4)