2015年 09月 08日
火花、スクラップ・アンド・ビルド 
e0064530_1925463.jpg

火花 
著 者: 又吉直樹
出版社: 文藝春秋

世間一般の思い、考え、行動からのズレを芸としてお笑いへ。
最後の展開にあるズレた行動をしてしまうあたり、
わかるような気もします。
漫才や芸について自分の思いを語るところは読みごたえありでした。

文章がなぜか頭に残る。
太鼓の太鼓のお兄さん!
真っ赤な帽子のお兄さん!
龍よ目覚めよ!
太鼓の音で!


スクラップ・アンド・ビルド 
著 者: 羽田圭介
出版社: 文藝春秋

要介護老人と無職の孫 
面倒をみてもらっていたのはどっちだろう…と、
余韻があって面白いです。


文芸春秋、1冊で両方読めてお得です。
[PR]

by ogak3 | 2015-09-08 19:28 | Comments(0)


<< 文藝春秋      茅葺屋根葺き替え >>