2017年 05月 16日
地鎮祭

e0064530_16450770.jpg
昨日は天気よく
先日竣工した平屋の住宅に続いて今回も平屋建ての住宅の地鎮祭。
暦は大安・壬寅(みずえのとら)。

寅の日に行うと良いとされていることには
旅行
財布の新調や宝くじの購入といった金運に関わること
初漁や船下し
地鎮祭なども。

寅の黄色い縞模様は金運の象徴で千里を駆け巡り一瞬でかえる、と見立てられ
「使ったお金がすぐにかえってくる」
「お金を招いてくれる」
そんな金運招来効果が期待できる、という事らしい。

暦にはいくつもの意味が重なっているから
「寅の日」というだけでは最良の日ではないだろうけど、
昨日は、大安+壬寅+天気良し+地鎮祭=幸先とても良し。

昨日の地鎮祭はこれから関わる工事関係者も参列していつもよりも人数は多め。
祭事の後質問攻めにはたじろいだ、準備先回りで幸先良しかと…。

e0064530_16481221.jpg



[PR]

# by ogak3 | 2017-05-16 16:49 | Comments(0)
2017年 05月 11日
竣工しました。

e0064530_16432167.jpg
平屋建ての住宅、竣工しました。
外構と植栽は残しつつ…。

植栽が無いとやっぱり寂しい。
道路を挟んで向かいの公共施設から
庭の植栽を借景してとりあえずの竣工写真。


[PR]

# by ogak3 | 2017-05-11 16:44 | Comments(0)
2017年 02月 17日
天地明察

e0064530_18445046.jpg
著 者:冲方丁
出版社: 角川書店
装 幀:高柳雅人

やるべき事にひたむきなところがいい。

江戸時代、大陸の暦(こよみ)を引用して使っていたそれまでの暦は
800年程前の資料からの暦なので誤差が生まれていた。
暦も派生して伊勢暦、三島歴、京歴…その土地の暦と幾つもある。
歴が微妙に違うと、公式の祭礼から年貢の取り立て、月々の支払、
貸付利息など生活が混乱する。
それぞれ微妙に違う暦を日本独自の正確な暦として統一する話。

そこまでの経緯に読み応えがある。
太陽,月,星を観察して天文を知る。
時間や場所によって変わるため日本全国を旅して観察する、記録する
天文から時、方角そして日付や暦が考えられていく。

農耕に必要な四時の変化の規則性を見て,
広く人民に時を知らせることが支配層の任務というより特権だったというのが良くわかる。
暦があるから予定がたてられる、暦って先回りだし、占いのような。


◇目次
序章
第一章 一瞥即解
第二章 算法勝負
第三章 北極出地
第四章 授時暦
第五章 改暦請願
第六章 天地明察



[PR]

# by ogak3 | 2017-02-17 18:46 | Comments(0)
2017年 01月 29日
ウッドデザイン賞

e0064530_17505395.jpg

以前竣工した住宅 坂の上の小家 で賞を頂きました。

様子はこちら

坂の上の小家 外観編
坂の上の小家 内部編

今回の賞は住まい手と施工者へも賞状を頂いたので
先日お届けに坂の上の小家へ伺った。

e0064530_18115336.jpg

しばし話をしていると
買い物をするときに、それが本当に必要か、家に合うか、気持ちに合うか等
無理なく自然に吟味されている様子がうかがえたり
家の中だけでなく外構周りも手入れをしたり植栽を増やしたり…。
くらしを楽しんでくれているようで、心地よかった!

坂の上の小家
設計:緒方幸樹建築設計事務所 
施工:株式会社 越智工務店


[PR]

# by ogak3 | 2017-01-29 18:28 | Comments(0)
2017年 01月 04日
初日の出

元旦に近場の小山へ初日の出を見に行った。
同じように考える人がいるもので、既に腰を据え東を向いて待ち構えている老人、
何時もの散歩で立ち寄りました的な若者と犬、夫婦、また別の老人が若者の犬と戯れる。
その後もワラワラと人が集まり老若男女犬まで小山に集まった。

天候良く、カメラもケータイも持ってきていなかったため
画面ごしではなくリアル初日の出をしっかりと見つつ
春は、あけぼの。
やうやう白くなりゆく山ぎは 
少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる。
そのあとなんだっけ…とか考えたり。

日の出が心地よく、いや眩しかったというのもあって
目を閉じて何度か深呼吸して目を開けると
もう誰もいなくて小山を独り占め、皆どこ行ったん?

年も、目も、あけましておめでとうございます。



[PR]

# by ogak3 | 2017-01-04 18:09 | Comments(0)
2016年 11月 24日
嵌める
e0064530_11081373.jpg

嵌めるとは
穴・枠・溝などの内側に、ピッタリ合うように物を入れる。こと
建て方、ピッタリでありました。


[PR]

# by ogak3 | 2016-11-24 11:11 | Comments(0)
2016年 11月 01日
池田市って、結構楽しめる。
e0064530_052535.jpg

遅れまきながら先日池田街歩きの案内を終えました。
リビングカルチャー倶楽部から依頼を頂いたのは初夏頃、
登録有形文化財の建物が実は多い池田市の街歩きを
企画から案内まで持ち時間は約2時間。

夏の間、準備に追われ
炎天下のなかルート選びや下見を重ね、歩く。何度も歩く。
どこで解説をするか何を解説するか等々。
不審者のように記録を取り、写真を撮り
やっとルートが決まりかけたところ、はたと気が付いた。

建物ひとつひとつの解説も欲しいけど
どうせ回るならストーリー性があった方が面白いよなぁ…と
で、池田の歴史を調べ直して
池田城周辺の城下町が出来て北の都といわれていたのに衰退、
したかと思うと別の場所で発展、さらにまた別の場所で発展と
3度ほど繰り返しそれとリンクするように残る建物を紹介しつつ
その周辺も案内できるように準備した。

当日は定員一杯で地元の方も多く緊張したが
終了後の感想は好評だった様子でホッとした。
街歩きの準備でひとつひとつから纏めてみて歩いてみると
意外な見え方や発見があり結構楽しめる。
[PR]

# by ogak3 | 2016-11-01 00:48 | Comments(0)
2016年 10月 18日
一粒万倍
e0064530_19252230.jpg

いちりゅうまんばい、と読み。
一粒の籾(もみ)が万倍にも実り稲穂になることから
"手元にあるわずかな物で始めた事が何倍にも膨らむ"ので
新しい物事をスタートするにはもってこいの日に地鎮祭をおこなった。

だからだろうか?
地鎮祭の準備中、別の現在工事中の住宅のクライアントと遭遇したり
更に別の物件のクライアントから連絡があったり…
それらがすべて平屋建てなのがまた面白い。
[PR]

# by ogak3 | 2016-10-18 19:27 | Comments(0)
2016年 03月 01日
文藝春秋
e0064530_11493955.jpg

下半期の第154回芥川賞受賞2作が全文掲載されているので
文藝春秋の2016年3月号購入しました。
選考過程や選考委員の選評も掲載されているのがポイントです。

■異類婚姻譚 
著 者: 本谷有希子
出版社: 文藝春秋

分かるような気がします。
感覚や雰囲気も…。

■しんでいない者 
著 者: 滝口悠生
出版社: 文藝春秋

途中まで頑張ったけど読むのをあきらめました。

選評最後の村上龍さんの「才能とは何か」で納得、
こちらを読めただけでも文藝春秋を買ってよかった。


他にも掲載されているもので
佐藤優さんと半藤一利さんの対談
「新しい戦争と日本軍の教訓」は無責任体制と無反省気質
の話は原発も連想して面白いです。
88人の「最後の言葉」や「2・26事件 娘の八十年」
竹田圭吾さんの「がんになってよかった100のこと」など
興味深い内容が掲載されてますが、今回はなんだか重かった。
[PR]

# by ogak3 | 2016-03-01 11:50 | Comments(0)
2015年 09月 08日
火花、スクラップ・アンド・ビルド 
e0064530_1925463.jpg

火花 
著 者: 又吉直樹
出版社: 文藝春秋

世間一般の思い、考え、行動からのズレを芸としてお笑いへ。
最後の展開にあるズレた行動をしてしまうあたり、
わかるような気もします。
漫才や芸について自分の思いを語るところは読みごたえありでした。

文章がなぜか頭に残る。
太鼓の太鼓のお兄さん!
真っ赤な帽子のお兄さん!
龍よ目覚めよ!
太鼓の音で!


スクラップ・アンド・ビルド 
著 者: 羽田圭介
出版社: 文藝春秋

要介護老人と無職の孫 
面倒をみてもらっていたのはどっちだろう…と、
余韻があって面白いです。


文芸春秋、1冊で両方読めてお得です。
[PR]

# by ogak3 | 2015-09-08 19:28 | Comments(0)