2016年 11月 24日
嵌める
e0064530_11081373.jpg

嵌めるとは
穴・枠・溝などの内側に、ピッタリ合うように物を入れる。こと
建て方、ピッタリでありました。


[PR]

# by ogak3 | 2016-11-24 11:11 | Comments(0)
2016年 11月 01日
池田市って、結構楽しめる。
e0064530_052535.jpg

遅れまきながら先日池田街歩きの案内を終えました。
リビングカルチャー倶楽部から依頼を頂いたのは初夏頃、
登録有形文化財の建物が実は多い池田市の街歩きを
企画から案内まで持ち時間は約2時間。

夏の間、準備に追われ
炎天下のなかルート選びや下見を重ね、歩く。何度も歩く。
どこで解説をするか何を解説するか等々。
不審者のように記録を取り、写真を撮り
やっとルートが決まりかけたところ、はたと気が付いた。

建物ひとつひとつの解説も欲しいけど
どうせ回るならストーリー性があった方が面白いよなぁ…と
で、池田の歴史を調べ直して
池田城周辺の城下町が出来て北の都といわれていたのに衰退、
したかと思うと別の場所で発展、さらにまた別の場所で発展と
3度ほど繰り返しそれとリンクするように残る建物を紹介しつつ
その周辺も案内できるように準備した。

当日は定員一杯で地元の方も多く緊張したが
終了後の感想は好評だった様子でホッとした。
街歩きの準備でひとつひとつから纏めてみて歩いてみると
意外な見え方や発見があり結構楽しめる。
[PR]

# by ogak3 | 2016-11-01 00:48 | Comments(0)
2016年 10月 18日
一粒万倍
e0064530_19252230.jpg

いちりゅうまんばい、と読み。
一粒の籾(もみ)が万倍にも実り稲穂になることから
"手元にあるわずかな物で始めた事が何倍にも膨らむ"ので
新しい物事をスタートするにはもってこいの日に地鎮祭をおこなった。

だからだろうか?
地鎮祭の準備中、別の現在工事中の住宅のクライアントと遭遇したり
更に別の物件のクライアントから連絡があったり…
それらがすべて平屋建てなのがまた面白い。
[PR]

# by ogak3 | 2016-10-18 19:27 | Comments(0)
2016年 03月 01日
文藝春秋
e0064530_11493955.jpg

下半期の第154回芥川賞受賞2作が全文掲載されているので
文藝春秋の2016年3月号購入しました。
選考過程や選考委員の選評も掲載されているのがポイントです。

■異類婚姻譚 
著 者: 本谷有希子
出版社: 文藝春秋

分かるような気がします。
感覚や雰囲気も…。

■しんでいない者 
著 者: 滝口悠生
出版社: 文藝春秋

途中まで頑張ったけど読むのをあきらめました。

選評最後の村上龍さんの「才能とは何か」で納得、
こちらを読めただけでも文藝春秋を買ってよかった。


他にも掲載されているもので
佐藤優さんと半藤一利さんの対談
「新しい戦争と日本軍の教訓」は無責任体制と無反省気質
の話は原発も連想して面白いです。
88人の「最後の言葉」や「2・26事件 娘の八十年」
竹田圭吾さんの「がんになってよかった100のこと」など
興味深い内容が掲載されてますが、今回はなんだか重かった。
[PR]

# by ogak3 | 2016-03-01 11:50 | Comments(0)
2015年 09月 08日
火花、スクラップ・アンド・ビルド 
e0064530_1925463.jpg

火花 
著 者: 又吉直樹
出版社: 文藝春秋

世間一般の思い、考え、行動からのズレを芸としてお笑いへ。
最後の展開にあるズレた行動をしてしまうあたり、
わかるような気もします。
漫才や芸について自分の思いを語るところは読みごたえありでした。

文章がなぜか頭に残る。
太鼓の太鼓のお兄さん!
真っ赤な帽子のお兄さん!
龍よ目覚めよ!
太鼓の音で!


スクラップ・アンド・ビルド 
著 者: 羽田圭介
出版社: 文藝春秋

要介護老人と無職の孫 
面倒をみてもらっていたのはどっちだろう…と、
余韻があって面白いです。


文芸春秋、1冊で両方読めてお得です。
[PR]

# by ogak3 | 2015-09-08 19:28 | Comments(0)
2015年 08月 25日
茅葺屋根葺き替え
e0064530_14471960.jpg

茅葺屋根、葺き替え工事中の丹波にある国登録有形文化財、
慧日寺に行ってきました。
e0064530_14473927.jpg

40年前、神戸市内に約4000軒程あったという茅葺民家は、
現在900軒程になり、茅葺は金属板で覆われて
茅葺というより金属板葺き下地茅、という状態になってます。
茅の材料も茅葺屋根の民家も今では貴重なのだ。
e0064530_1448490.jpg

屋根全ての面を葺き替えるのは
材料手配や費用にも無理があり傷んでいる面だけ葺き替える。
それに合わせて茅葺屋根修理設計講習を数回にわたり受け、
受けるというより参加されているベテランの皆さんに
教えてもらいながらついていく。
e0064530_14483063.jpg

e0064530_14484540.jpg

葺き替えのため茅のストック状態や量をチェック。
工事現場を見て、職人さんの話を聞き、他の事例を調べつつ
茅葺葺き替え工事仕様書をつくる。
e0064530_1449720.jpg

先日の講習は、地蔵盆と重なって
建具を開け放ち地元の方々が利用しているのを見ることが出来た。
茅葺民家は草・木・土で茶系。その中に朱色が入ると日常とは違って賑やかでした。
[PR]

# by ogak3 | 2015-08-25 14:55 | Comments(0)
2015年 08月 21日
バウハウスのマウスパッド
e0064530_12543276.jpg

ヨーロッパ旅行から帰ってきた友人からのお土産。

旅行の話を聞くと過密な旅行スケジュールの中、
反応するようにお土産にとバウハウスを選んでくれたらしい。

かつてヨーロッパに行った際、
ドイツ・デッサウにあるバウハウスを訪れる事が出来なかった。
だから気持ちを盛り上げるのにマウスパッド+αの価値がある。

そういえば僕はマウスではなくトラックボールだから
ボールの下の座布団では写真が見えなくなるので机前の絵として飾っている。
嬉しさには変わりなし…
e0064530_12551981.jpg

紙袋も捨てれない。
[PR]

# by ogak3 | 2015-08-21 12:56 | Comments(0)
2015年 07月 08日
商店街
e0064530_16592514.jpg

以前から気になっていた路地がありました。
その路地に掛る屋根や様子の佇まいが随分以前からいいなぁと…
僅か数件の商店街。
路地は街道に繋がっています。
以前は賑やかだったのだろうと、今ではそれを想像するしかないのですが

写真は梅雨時で曇りですが
天気のいい日には光が塩ビの屋根から透過して
路地に広がる光が何とも美しい。
路地のコンパクトさがいいのかなと思ったり
ことあるごとに立ち止っては様子を伺っておりました。

場所は池田駅から少し離れた、といっても程近く、
アーケードの端は街道に面しているから、
横目に見ながら通り過ぎる人はいるけど立ち止まる人はほぼいない。
ましてや写真を撮っている人は僕ぐらい?

相当目立っていたのでしょう。
たまたま通りがかった路地内の方から声をかけられ、室内を案内して頂きました。
何年越しだろう念願かなって…
よくよく見ると外壁にタイルを貼ったり味がある。
活気を取り戻すアイデアはないものかと…。
[PR]

# by ogak3 | 2015-07-08 16:59 | Comments(0)
2015年 06月 08日
坂の上の小家 1年点検
先日、坂の上の小家工事をしてくれた工務店さんと1年点検に行ってきました。
坂の上に建つので眺めは良く、日当たりもいいのですが
吹きあがってくる風や日当たりなどで
外壁や建具や内装の仕上げなどで不都合が出てるのではと
心配もしていましたが、とりこし苦労でした。

点検を終え、暫しリビングで歓談。
竣工してから 来客が多かったようで
住まい手の友人達が撮影した写真を見せて頂きました。

室内で撮られた家族の写真は人も背景の室内も雰囲気が何ともよく
人や家具が入ったり、視点が変わると随分違って見え
住まい手のくらしぶりや撮影した方の腕がいいのは言うまでもないけど、
場所の良さも多少はあるかな…
[PR]

# by ogak3 | 2015-06-08 18:05 | Comments(0)
2015年 05月 22日
墜落遺体
e0064530_15552785.png

墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便
著 者:飯塚訓
出版社: 講談社
装 幀:守先正

近頃、涙もろいのか泣ける。
事故でバラバラになった遺体を出来るだけ元の状態に戻し
遺族に引き渡そうとする。

日本人の7割ぐらいが無宗教で
墓参りやお寺や、神社や教会へも行くし祈願もする。
それらを自然宗教というらしい。それでいいのではと思う。
日本人の宗教観や精神性も感じられ、読みながら3.11も思う。

◇目次
はじめに
第 2章 出動命令
第 2章 大量遺体
第 3章 最初の遺体確認
第 4章 悲しみの体育館
第 5章 看護婦たちの胸の内
第 6章 指紋、歯が語る
第 7章 身を粉にした医師たちの仕事ぶり
第 8章 遺体の引き取り
第 9章 過酷な任務
第10章 極限の日々
第11章 最後の最後まで
おわりに
[PR]

# by ogak3 | 2015-05-22 15:56 | Comments(0)